派遣先向けセミナー開催をご提案します!!

 派遣規制 緩和の方向へ!期待される派遣需要増

派遣会社が主催する派遣先セミナー開催を支援

このタイミングを利用して派遣先へ情報提供し派遣需要を開拓しましょう!

厚生労働省の「今後の労働者派遣事業の在り方を考える研究会」は、8月6日今月末に提出する報告書の素案を公開しました。

素案では、現行、業務ごとに設けている3年の期間上限を廃止し、この上限を業務ではなく、1人の派遣社員が1ヶ所で働く期間の上限に切り替える方向を示しました。

今後は、企業は働く人を交代させればその業務をずっと派遣に任せることができ、労働者も一定期間同じ職場で働けることになります。

また派遣期間に上限のない専門26業務区分も廃止することを明記し、派遣元と有期契約を結んだ労働者の派遣期間は全ての業務で最長3年となります。

ただし、正社員の代替につながる恐れがあるため、派遣先企業の労働者側と使用者側が参加する「事業所委員会(仮称)」を新設し、派遣期間が過ぎた場合に継続して派遣を受け入れるか協議する仕組みを導入し、派遣継続によって正社員の雇用が脅かされると判断すれば派遣は打ち切り、支障がないと判断されれば、別の派遣労働者を使って同じ職場で派遣を受け入れられるようにするチェック機能を設ける予定です。

尚、業務による線引きを廃止した代わりに、派遣元と無期契約を結ぶ労働者には期間の制限をなくすことになります。

研究会の報告が実現すると、派遣制度は大きな転換をむかえます。派遣元・派遣先双方にとって、メリット・デメリットが考えられるため、早い段階から、情報提供を行い、派遣制度の効果的な活用方法を派遣先に提案することは、大事なことです。

匠ソリューションズでは、派遣会社の皆様が、派遣先に情報提供する場として「派遣先セミナー」の開催企画・運営をご提案します。

  いますぐ、派遣先向けセミナーの開催をご検討ください!

 

セミナーを開催するには、タイミングがあります。   多くの企業が4月から3月を1事業年度としているため、4月と10月は、それぞれ上期と下期のスタート月となります。そのため、8〜9月、2月〜3月にかけてが、時期的に開催するタイミングとなります。   また、法律が改正される時も、開催するタイミングです。   しかし、それ以外にも、派遣会社の皆様に変化が起こったときもいい時期になります。例えば、「事務所を移転した」、「代表者が代わった」、「新たに支店を開設した」、などがその時期に当たります。   また、昨年10月に施行された改正派遣法により、派遣会社は、マージン率等の情報公開を義務づけられました。   今年の3月で、ほとんどの会社が、決算を済ませ、新しい事業年度に入っていると思いますが、ちょうど今頃が、情報公開する時期になると思います。   そういう意味では、派遣会社の皆様にとって、今が派遣先セミナーを開催するタイミングに入っているのです。 

派遣先向けセミナー開催費用

匠ソリューションズでは、派遣会社の皆様が主催する派遣先向けセミナーの企画・運営をサポートしています。

■講師料金(1回2時間、受講人数20名まで)

 BP会会員価格: 84,000円(税込) 

    一般価格:126,000円(税込)

 ※2時間を超える場合は、別途お見積もりさせていただきます。

 ※受講人数が20名を超える場合は、別途お見積もりさせていただきます。

■事前打ち合わせ 5,250円(税込)

 電話によりセミナー詳細を打合せします。

 セミナー案内、当日のタイムテーブル、アンケート等の雛形をご提供します。

 ※訪問での事前打合せをご希望の方は、別途お見積もりさせていただきます。

■お申込み・お問い合わせは、下記よりお願い致します。