注目!!今年度限り「若者チャレンジ奨励金」

※若者チャレンジ奨励金は、支給額が予算額に達したため、各地区労働局では申請の受付を中止しました。

今後は、キャリアアップ助成金をご検討ください。

 

若者の人材育成に取り組む事業主及び派遣労働者の人材育成に取り組む事業主の皆様を支援するために「若者チャレンジ奨励金」が創設されました!

 

【若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)とは?】

正社員としての雇用経験が少なく職業能力形成機会に恵まれない35歳未満の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、自社内での実習(OJT)と座学(OFF−JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主に奨励金が支給されます。

新たに有期契約労働者として雇い入れて訓練を実施する場合と、既に有期契約労働者等として雇用している若者に訓練を実施する場合に活用できます。

また、紹介予定派遣で受け入れる35歳未満の派遣労働者も対象となります。

 

【奨励金の支給額】

奨励金には、「訓練奨励金」と「正社員雇用奨励金」の2つがあります。

<訓練奨励金>

 訓練実施期間に訓練受講者1人1月当たり15万円が支給されます。

<正社員雇用奨励金>

 訓練終了後、訓練受講者を正社員として雇用した場合に、1人当たり1年経過時に50万円、2年経過時に50万円(計100万円)が支給されます。

(例)3ヶ月の教育訓練を3人に実施し、そのうち優秀な2人を正社員として採用した場合

     訓練奨励金

       15万円×3人×3ヶ月間=135万円

     正社員雇用奨励金

       1年経過後 50万円×2=100万円

       2年経過後 50万円×2=100万円

     合計335万円の奨励金が支給されます。

 

【若者チャレンジ訓練の対象者は・・・】

35歳未満の若者であって、以下のいずれにも該当する者

@過去5年以内に訓練を実施する分野で正社員としておおむね3年以上継続して雇用されたことがない者   であって、登録キャリア・コンサルタントにより、若者チャレンジ訓練へ参加することが適当と判断され、ジョブ・カードの交付を受けた者

A訓練を実施する事業主と期間の定めのある労働契約を締結するものなど

 

【若者チャレンジ奨励金活用セミナーを開催しています】

 ◆人材派遣会社のための『若者チャレンジ奨励金』活用法

   6月13日(木) 13:30〜15:30 大阪会場(エル・おおさか608号室)

   6月14日(金) 13:30〜15:30 東京会場(エセナおおた第3学習室)