人材ビジネス業界営業スタイルの変化

2013年アベノミクスにより景気が上向き、企業が人材の確保に動き出したため「求人倍率」が高くなる。求人数に比べ求職者が不足し、人材を取り合う状況に!

   人余り  ⇒  人手不足

人材の確保が難しくなることが予想される。

      

【これまで】多数の応募者がくるため、クライアントがあれば売上向上が見込めた。

【これから】クライアントに対して応募者が少なくなるため、

       一人ひとりを確実に配属したい。

          

既存クライアントに紹介できなかった応募者を配属につなげるため、スタッフに合わせたクライアントの開拓が効果的となってくる。

スタッフのマッチングにスピードが求められ、新しい営業スタイルに変化しなければならない。